Memories

000209890022

 

亡くなった主人と初めて出会ったのが、このSL広場だった。

昨日、13回忌を済ませた。

アルコール中毒で生活費もまともに貰えず、欲しい物は借金をしてでも手に入れる人だった。

さんざん苦労させられ、亡くなった後で発覚した借金の額も半端ではなかった。

生きている間は、私は不満だらけで自分のことを不幸だと思い、現実から抜け出す事ばかり考えていた。

若い頃、彼に夢中になって結婚し幸せだった頃の事をすっかりと忘れていた。

でも亡くなってから長い時間が流れると、嫌な思い出は脳裏から消えていく。

二人が幸せに包まれていた時間の思い出だけが残っているようだ。

思い出とは不思議なものだと、香の煙が立ちのぼるのを眺めながら、しみじみと感じていた。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s